2018年02月10日

ちえ様と姫クジ

ひらめです。2月のバレンタインイベントはこんなもんが配布されておりますな。
20180208001.jpg
 
 
 
 
 
それにしても、スキル合成講座中はちえ様使えないわりに、合成講座が終わって期限付きのちえ配布されたら、天戦からあんだけ出てくるちえ様はどこで使えというんでしょうかね?
できれば合成講座中にも+3%(合成講座の効果なしで素で使ったのと同じ%)で使えるようにしてもらえないっすかね。
合成講座が終わるまで勝負合成は見送らなきゃいけない状況は不便すぎてしょうがないっす@w@;



さて、2月に入ってからのクジやらスキル合成をあまり記事にしていなかったので、合成講座終了後の勝負合成やら、姫クジ結果やらを報告します。まあ、まずは姫クジまとめて・・・
20180202003.jpg 20180202004.jpg
20180202005.jpg 20180202006.jpg
ううむ、どうも実用性に欠けるというか、盛り上がりに欠けるというか・・・^^;

続いて、極選とか天上クジ。結構、イベント報酬で色々と配ってもらえましたもんねw
極選はまあ、前回まででちょっと貯まってたんで・・・ではいってみよー!
20180202002.jpg 20180202010.jpg
20180202015.jpg 20180206002.jpg
九鬼さんとか、見事に合成も失敗して片鱗になっちゃったりしましたが。しょんぼり(´・ω・`) そんな中・・・
20180202013.jpg
たまには天とかも出てくれるんですよ!? おお、新天は何が来ても楽しみじゃぜ?@w@;;











20180202014.jpg
新天じゃなかった・・・けど防覇ですわ! これはアレですかね。器防で使うか、馬防で使うか、悩ましいっすなw
まあ盟主城防衛ではかなり役立ってくれそうなのでありがたいっす^^



さて、告知されてたスキル合成の見直し。合成講座中にかなり天の合成やっちゃってたので、なんだかなあって感じにはなりましたが・・・天1枚に極なり特なりを添えれば特殊候補が出てくれるってのはかなりありがたいですね。
使用頻度の下がった天武将とかをそっちにまわすのもより悪くない期待度になってますね。
前回、長宗我部さんに天綾を付けた合成を紹介しましたが、それ以外にもいくらかやっておりましてな・・・
20180202016.jpg
まずは、掃天狙いのこちらから。配布ちえ様を使って、懸案の掃天封壁陣狙いです。
前々期ぐらいからずっと狙ってきてるんで、いい加減1枚ぐらいは・・・
20180202017.jpg
ダメでした orz

20180202007.jpg 20180202008.jpg
以前に仙石秀久を同一合成してたまたま付いた村上舟戦要法、さらにここに戦陣阿吽を付けた村上&覇王の2面待ち(三日月の礎は当然お呼びでないw)。まあ、ちえを使ってやるという選択肢しかないですよねw
まあ、ダメならダメでしょうがないので、一発ここで挑戦してみましょ!!!
20180202009.jpg
うおお、来たわ!!! 酒直江に付けるのは微妙という説もあるかもですがw
まあ、狙いがあってのことなんでこれでうまいこと活躍してくれるといいなと思います^^

20180203001.jpg
酒直江を引いたおかげでカブリで使い道が微妙だった極直江は、こちらも覇明智とのカブリで使い道のなかった復刻明智さんとでの合わせ合成に。天穿か天綾が取り回しは良かったんですが、覇王征軍に。
取り回しが悪いってだけでちゃんと強いんですけどね。ただ、部隊コスト気にしないといけないのがね^^;



合戦もあって戦クジも結構引かせてもらったんですが、こちらがなかなか調子良かったです。
20180206001.jpg 20180204001.jpg
1枚じゃチャレンジする気にならないですが、さっきの覇三好に付けられるといいなとか考えたり。

あと、出先でチャレンジしてみた戦クジでしたが・・・
20180205001.jpg
スマホでぶるったのはじめてかも!?w

20180205002.jpg 20180205003.jpg
あれよね、ボリューム調整出ちゃうのは慣れてない証左ってやつですかね^^;
戦クジなら安めの極でもありがたいのです。ふふふ〜 まあ、このあとスキル合成に失敗して露と消えましたが;x;

20180206001.jpg 20180206003.jpg
これは正真正銘のアタリ。うおお、戦クジでこれはありがたやありがたや・・・。





20180207001.jpg
あとは、頑張って煉獄ツアーをひたすらやってます。序盤の雑賀衆はだいじ。まあ後半も使うんだけどw
posted by 鮃右近 at 00:27 | Comment(0) | 第5期
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: